31103.com - BLOG

斉藤康仁の公式ブログ

カテゴリ: 男のランチ

みなさんこんにちは。「男のランチ」の時間です。
わたくし、ご存知、料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)です。
男らしいお昼ご飯の簡単レシピをご紹介していきたいと思います。

さて、今回は第2回目ということですけども、前回予告しましたとおり、今回は「マルちゃん屋台十八番なま味醤油」をご紹介していきます。
わたくし、「なま味」よりも「なま脚」の方が好物だったりするわけですが、ただのオヤジギャグですし、今そんなことを告白されてもどうしようもないと思いますんでね、ええ、スルーしてくださいね。
さ、今日もですね、電子レンジで簡単に出来ますので夜中に小腹が減った時なんか、手軽にささっと作る事が出来ますんでね、是非覚えてください。

なお、「これ、前回のやつのコピペ(コピー&ペースト)じゃねーか?」と思っちゃった方もいらっしゃると思いますが、そこら辺はご想像にお任せいたしますね。

それではさっそく、材料からご紹介していきまーす。




【材料(1人分)】
「前川くん」×1個、マルちゃん屋台十八番なま味醤油×1個、ゴルゴ13(第74巻「見えない翼」)×1冊

「前川くん」って何だ?と思ったかたはお友達に聞くか、前回のテキストをご覧になってください。

では作り方です。

まず「前川くん」の内側の線まで水を入れ、麺を中に入れて、「前川くん」のフタを乗せます。け、けして手抜きではありませんし、しゃ、写真もつ、使いまわしではありませんよぉ(笑)。




この「マルちゃん屋台十八番なま味醤油」は、スープの袋が2つ付いているで、取り忘れに注意してください。



また、麺が生麺のフリをしている麺なので、このままバリバリ食べてもちっともおいしくないですから、袋の中に残った麺は捨てるか「前川くん」の中に放り込むかしてくださいね。

では「前川くん」を電子レンジに入れていきま〜す。




加熱時間はいつものように700Wの電子レンジで7分間です。
ただし、この「マルちゃん屋台十八番なま味醤油」は、吹きこぼれる可能性が高いです。が、電子レンジに入れちゃったらもうどうしようもないので、吹きこぼれそうでこぼれない、あ、やっぱりこぼれちゃった・・・というスリルを楽しんでください。
この様子が観察出来るのは調理終了間際なので、レンジの残り時間が1分を切ったあたりからレンジを覗き込むのがいいでしょう。




待っている間は例によってゴルゴ13を読みましょう。
今回読むゴルゴは、74巻「見えない翼」です。
ロシアに雇われたゴルゴ13が、アメリカのステルス戦闘機を爆破するというお話ですね。ゴルゴ13が、括約筋だけで女がロシア人である事を見破る名シーンが登場します。そんな事が可能なんでしょうか?私も是非見破ってみたいものです。それに、「括約筋」って、いったいどこの筋肉なんでしょうね?
他にも「ワイルドギース」「西経一七五度」が収録されています。
でもま、7分間で1巻まるごと全部読み終えるのは至難の業でしょう。読めるところまで読むということで結構です。

7分後、レンジから取り出します。思いのほか熱いのでやけどに注意してください。
「前川くん」のフタを外し、スープを投入します。
今回は、粉末スープが1袋、調味油+液体スープが1袋になっています。
スープは必ず粉末スープから投入してください。
この順番を間違うと仕上がりに大きな差が出来るような気がしますので、くれぐれもスープの投入順序は間違わないようにしてください。

では、粉末スープを投入します。




次に調味油、液体スープ、と順番に投入するわけですが、調味油を投入するときに、あまりに乱暴に投入すると、調味油が袋をつたってでろんでろんのつるっつるになります。こうなると液体スープの部分を開封するときにつるっとすべってなかなか開封しにくい上に手がでろんでろんになるので注意してください。




麺をほぐし、スープをよくかき混ぜたら、おいしい「マルちゃん屋台十八番なま味醤油」のできあがり。
お好みで胡椒を振り掛けるのも良いでしょう。
この時の胡椒は、ブラックペッパーをペッパーミルで・・・などという小洒落たものではなく、一家に一本、日本の胡椒代表「S&B テーブルコショー」がいいでしょう。
なんてったって「コショー」ですもの。名前に勢いがある。
ま、お家にあれば、GABANの胡椒もラーメン屋さん気分を味わうにはいいですね。




いかがでしたか?「前川くん」&電子レンジ&ゴルゴ13(第74巻「見えない翼」)で手軽に出来る「マルちゃん屋台十八番なま味醤油」おいしいですよ。是非お試しください。

それではまた!
次回の「男のランチ」は、「ピザトースト」をご紹介します。
料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)でした。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA

みなさんこんにちは。
今日から始まりました「男のランチ」の時間です。
わたくし、料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)です。
男らしいお昼ご飯の簡単レシピをご紹介していきたいと思います。
簡単に言うと「今日のオレの昼飯」なんですが。

さて、第1回目は「マルちゃん塩ラーメン」をご紹介していきます。
電子レンジで簡単に出来ますので夜中に小腹が減った時なんか、手軽にささっと作る事が出来ますんでね、是非覚えてください。

それではさっそく、材料からご紹介していきまーす。




【材料(1人分)】
レンジでインスタントラーメンを調理することが出来るやつ。略して「前川くん」×1個、マルちゃん塩ラーメン×1個、ゴルゴ13×適量

ゴルゴの使い方についてはですね、後ほどご紹介します。
やはりポイントは「前川くん」ですね。
これは1個あると非常に便利なのでご用意ください。
そんなに高いものではないはずです。値段はわかりません。
なぜかというと、わたくしの「前川くん」、イイ歳こいて親に買ってもらいました。ええ。
「アンタ、これ便利そうだから。これでラーメン作んなさい」って。

では作り方です。

まず「前川くん」の内側の線まで水を入れます。
上記の写真ではすでに水が入っていますね。
水は何でもいいです。ヴォルビック、エビアン、クリスタルカイザー、軟水硬水色々ありますけど、どーせ加熱しちゃいますから特にこだわる必要はありません。
ちなみに今回使用したのは札幌市水道局の水道水です。蛇口ひねるだけです。

次に、マルちゃん塩ラーメンの袋を開封して、麺を「前川くん」の中に入れます。




このとき、スープの小袋を間違って入れないように注意してください。
スープの小袋は取り出して保管してくださいね。
袋の中に「粉々な麺」が残っちゃう事が多々あるわけですが、これは、素材本来の味を確認するためにもベビースターラーメンの要領で食べちゃってください。

そして「前川くん」のフタをかぶせまーす。




「前川くん」を電子レンジに入れます。




加熱時間をセットするわけですが、そーですねぇ、700Wの電子レンジで7分間加熱します。ただし、経験上、「棒ラーメン」のときはもっと時間を短く設定した方がよさそうです。7分だったら確実に爆発します。
たまーに、「700Wで7分って事は500Wで何分ですか?」という方がよくおられるのですが、そんな事は知った事ではないので、勝手に試してみてくださいね。




さて、ここでいよいよゴルゴ13が登場するわけです。
加熱している間の待ち時間を利用して、ゴルゴ13を読むわけです。
何もせずに待つ7分間は、思いのほか長いものです。
スープの小袋は、すぐに使えるように目の届く場所に置いておきましょう。




7分後、レンジから取り出します。思いのほか熱いのでやけどに注意してください。
「前川くん」のフタを外し、スープを投入します。
スープを投入するときのコツは、スープの袋の開口部を大きく開けて一気に投入してください。開口部が小さいと、「砂時計か?」っつーくらい、ちょっとずつしかスープが出てこないのでイライラします。それだけでなく、麺というかお湯?に近づけていると、水蒸気の影響で袋の中の粉末スープが固まり、袋の開口部が詰まって余計にイライラするハメになります。




麺をほぐし、スープをよくかき混ぜたら、おいしい「マルちゃん塩ラーメン」のできあがり。
このまま頂いてください。「前川くん」を使うと、いちいちどんぶりに移し変えなくて済むので非常に便利です。




いかがでしたか?「前川くん」&電子レンジ&ゴルゴ13で手軽に出来る「マルちゃん塩ラーメン」おいしいですよ。是非お試しください。

それではまた!次回の「男のランチ」は、「マルちゃん屋台十八番醤油」をご紹介します。これまた「前川くん」を使用した簡単レシピなのでお楽しみに!
料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)でした。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA

このページのトップヘ