オランダのヘラクレスにいた平山相太が日本に戻ってきた。
理由は「ホームシック」だという。
「オランダの生活になじめませんでした」という。

シーズンオフに日本に帰ってきて、「やっぱり日本はいいなぁ。オランダに戻りたくないなぁ」と思ったらしく、ほとんどトレーニングせずにオランダに戻り、シーズンイン。
もちろん、そんなんで調子がいいわけもなく。
もちろん、そんな状態でやる気も出ず。
そんな中、ヘラクレスの会長に「ジブンほんまにやる気あんのか?あらへんのやったら出てってもろてもかまへんで」と猛ゲキを飛ばされたという。
元々「ボクちん、おうちに帰りたいでしゅ」と思っていたのであっさり「じゃ、実家に帰らせて頂きます」となったわけらしい(爆笑)。

ま、報道が全部本当だとは思わないが、びっくりしたねぇ。
オマエはよそのうちにお泊まりした幼児か?

今のままでは、この人はプロではやってけないと思う。
気持ち弱すぎ。考えが甘すぎ。
そりゃ、こっちは39歳で向こうは21歳だから、こっちから見たら甘く見えるのは当たり前なのかも知れない。
でも年齢のわりには精神的に幼稚だと思うなぁ。
きっと今までの人生の中で「本気の努力」ってした事ないんだろうなぁ。
案外、付き合ってる女が悪かったりして(笑)。

しかも、こんなダサダサな選手をJリーグの各チームが「争奪戦」だと?!
Jのレベルも落ちたなぁ。心配だ。
コンサドーレには要らない選手。
今のままでは正直言って応援できない。
ま、本人が来たがらないだろうけどさ(笑)。

でもね、日本でやって、これから精神的に強くなってくれるならいいんだけど。
本当にたまにすごいプレイをする選手だから、才能はあるはず。
一度自分でキャリアをリセットしちゃったんだから、これからだよね。
やはり周囲のオトナがちゃんと育ててやる事が肝心だと思う。
21歳のやつに「育ててやんなきゃ」って言うのもどうかと思う気持ちもあるが(笑)、コイツに関しては、まだ全然子供なので育ててやる必要があると思う。

報道の真偽のほどはともあれ、自分で壁を乗り越えられなかったのは事実。
本当に帰って来ちゃったんだから、それはもう事実だよな。
非常にがっかりした。
でも若いんだから、真剣にやってたらまだチャンスが巡ってくる確率も高いだろう。
こんなにもダサダサな選手なのにJリーグのチームから声がかかる事自体がチャンスだろう。このチャンスは生かしてほしいと思う。
いやぁ、でもなぁ、この子、本質的に他人と競ったりするのとか嫌いなんじゃないのかなぁ。
なんだかそんな気がしてならないのだよ。
だからこの期に及んで「まだ大学にも未練がある」なんて報道されちゃうんじゃない?
もしそれが当りなら、プロのスポーツ選手で活躍するは諦めた方がいいなぁ。

結局オレはどっちなんだ?
んーと、Jで活躍するなら応援するよ。ってとこか。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA