みなさんこんにちは。「男のランチ」の時間です。
わたくし、ご存知、料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)です。
男らしいお昼ご飯の簡単レシピをご紹介していきたいと思います。

さて、今回は第3回目ということですけども、前回予告しましたとおり、今回は「ピザトースト」をご紹介していきます。

先日ですね、冷蔵庫の中にあったはずのピザトーストがなくなっており、これでは皆さんにピザトーストがご紹介出来なくなってしまうという事でね、わたくしかなり狼狽しましてね、思わず家出(出家ではありませんよ)してしまいましたけど、なんと冷蔵庫の奥の方にあったという事でね、こうして無事皆さんにご紹介できる事になりました。本当によかったです。

さ、今回はですね、電子レンジではございません。オーブントースターを使います。「前川くん」も使いませんよ。使わないんですけど簡単に出来ますので夜中に小腹が減った時なんか、手軽にささっと作る事が出来ますんでね、是非覚えてください。

なお、「これ、前回のやつのコピペ(コピー&ペースト)じゃねーか?」と思っちゃった方もいらっしゃると思いますが、コピペです。

それではさっそく、材料からご紹介していきまーす。




【材料(1人分)】
「ニッポンハムだか伊藤ハムだか忘れたけど市販のピザトースト」×2個、ゴルゴ13(第71巻「アクロバティックス」)×1冊

では作り方です。

ピザトーストは、1個ずつこのように包装されておりますので、このビニールをバリバリ破り捨ててください。この時、「うへへへへ、ほれ脱げっ」などと口走ってしまったのは内緒にしておいてください。
写真は、裏返したところです。「いやん♪」という感じでしょうか。
なるべく手を汚さないようにするには、裏の包装を閉じてる部分からベリベリっと開けるのがコツです。




2個とも脱がせ・・・いや、包装をはがしたところです。
横に脱が・・・いや、破り捨てた包装がありますけど、なんか情緒があっていい光景ですね。
ここまで来ると「まな板の上の鯉」ならぬ、「お皿の上のパン」という状態でございます。ま、そのまんまですけど。




2個ともいっぺんにオーブントースターに入れていきまーす。
このオーブントースターはですね、25年くらい前から私の実家にありまして、私が21歳くらいの時に大阪に引っ越す際に持っていったものです。いまだに現役なんですね。ハラペーニョ、物持ちがいいです。
このオーブントースターは今までの長い年月の間、色々なものを焼いてきたわけですよ。
パン、餅、グラタン・・・、ん?
パンでしょ、餅でしょ、グラタン・・・えーと、あれ?こんなもんか?
この3つを順繰り順繰りか?ま、いいや。




ピザトーストの袋を捨てる前に賞味期限を確認してみました。



2008.2.20・・・微妙ですね。
ま、冷蔵庫に入ってたし、焼いちゃうから問題なしって事で♪
誰かに食べさせるわけじゃないんで気にしない事にしましょう。

さ、ここが大変シビアなんですけど、オーブントースターのタイマー設定です。
数字書いてますけど、単位がよくわかんないです。おそらく「分」でしょうけどね。もし「年」だったらすごいことになりますねぇ。
このオーブントースターは、一度「5」以上にしないと電源が入らない仕組みなので、とりあえずこのあたりにセットして放置します。




タイマーの「じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ」という音を聴きながらゴルゴ13を読んで待ちましょう。
今回のゴルゴは第71巻「アクロバティックス」を用意してください。
切手のコレクションのお話ですね。

しばらくすると、うまそーな匂いがしてくるですよ。
パンとピザソースとチーズとサラミが焼ける匂い・・・想像してください。

あふぅ♪<想像した。

さ、いい匂いがしてきたところでタイマーを確認してくださいね。




ああ、も、もう「チン♪」って、「チン♪」ってなりそーです。

ここで様子を見てみましょう。どれどれ。




お好みですけど、もうちょっと焼けてた方がうまいかも知れないので、オーブントースターのタイマーを手でガリガリっと無理矢理戻し、残業させます。アンコールともいいます。




ここからは常に監視です。焦がしちゃ意味ないですからね。
空腹を我慢して、じっと待ちましょう。

あ、あああ、も、もうチーズがふつふつってなってる。ふつふつって。
匂いもた、たまらんです。
頭の中では「夢見るシンディー」(ルック・フォー・ノスタルジア/チープ広石)の最後の方の大サビ部分がガンガン鳴っております。
皆さんもこの場面ではこの曲を聴きましょう。
そして真っ赤に染まるオーブントースターの中でチーズがふつふつってなってる様を凝視するわけです。気分がかなり高揚すること間違いなしよ。

「えいっ!」



我慢しきれなくなったら無理矢理オーブントースターをOFFにしてください。

やけどに注意しながらお皿に盛り付けたら、おいしい「ピザトースト」のできあがり。
お好みでタバスコやハラペーニョやハバネロソースをかけるといいでしょう。
探したんですけど3つともなかったので今回は使ってません。




さてさて

いかがでしたか?オーブントースター&ゴルゴ13(第71巻「アクロバティックス」)で手軽に出来る「ピザトースト」おいしいですよ。是非お試しください。

それではまた!
次回の「男のランチ」は、未定です。
料理研究家のハラペーニョ斉藤(♂)でした。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA