猿、いや、去る7月2日に行われたライブのマニアックな情報を掲載するのだ。
自分のための記録でもあるんですよ実は。

[ SET LIST ]

第1部
01.日進ムーンウォーク
02.Change Of Mind
03.プラネタリウム
04.Distance
05.快速列車
06.風

休憩明けにDr.Bs.Kb.Gtでセッション(即興)

第2部
01.夜間飛行
02.火星
03.キャッチボール
04.時が過ぎても
05.ワンダートラベルーラー
06.ama-oto
07.通り雨
08.Sing Out

Encore1
01.To Sing
02.Call Me

Encore2
君の好きな歌(山口孝司弾き語り)

使用ギターは、ジャネット・フリン(黒のGK-2A内蔵ストラトキャスター)とタカミネNPT-110NL(エレガット)の2本でした。
ジャネットはRoland VG-88を経由してギターアンプ(Roland JC-120)へ。
タカミネはRoland AD-8を経由してPAへ。
毎度お馴染みのセッティングです。
タカミネは「ama-oto」でのみ使用。

VG-88は、クリーンとクランチと、いつものエロドライブが基本。
クリーンはロングディレイ、クランチはUni-Vibeシミュレータが、それぞれオプションていうか曲や場面によって使用されました。
そうそう、「To Sing」では、12弦ギターのシミュレータを使用。
この12弦ギターの音だけが、VG-88のバーチャルギターを使用しています。
あとはギターの音をそのまま使用。
ピックアップはリア+センターだったりセンターだけだったりセンター+フロントだったりフロントだけだったり、色々使い分けておりました。

AD-8の方は、ほぼ無加工。チューナーとして使っていたと言っても過言ではありませんな。

弦は・・・。エレキ弦は前日にエリクサーを捨て、アーニーボールを張りました。
やっぱりチューニングが安定するまでが早い。伸びきりやすいとも言うが。
エレガット弦は、実は替えてません(笑)。
思えば、ギター買ってからまだ1回しか張り替えた事ないなぁ・・・。

以上でしたっ


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA