また理屈なので興味ない人は読み飛ばそう!
こんな事知ってたって「ラク」とか「他人に伝えやすい」程度のもので、こんな事知らなくたって弾けるってのが最も重要な事なんだかんねー。
どーせ音楽における理屈なんて後付けのものでしかないのだー。わー!

それにしてもドイツ、結構汚いプレイするよねー。
加地大丈夫なんだろうか。
実は火曜日朝5時から、前の晩から寝ないで見てました。はい。

前回、とある音(基準音)からある音までの距離を何と呼ぶか覚えると後々ラクですよ、という話をしたのですが、その後いかがでしょう?

さて、実際にコードについてなんですが。
今回は3和音のコードについて。です。「トライアド」っていいます。
2種類ありまして、それぞれメジャートライアド、マイナートライアドっていいます。
要するに、メジャーコードとマイナーコードですよ。
面倒なのでいちいち「トライアド」って言わない事にします。普段言わないしね。

「C」とか「G」とか「F#」と表記されるのがメジャーコード。
「Cm」とか「Gm」とか「F#m」と表記されるのがマイナーコードです。

・・・それくらい知ってるしょ?

で、メジャーコードは、いちいち「Cメジャー」とか言いません。「C」でいいです。
ただ、「C」の音なのか、「C」のコード(和音)なのかは区別しましょうね。
マイナーコードは、ちゃんと「Cマイナー」って言いましょう。

ほんでもって、コードの基準となる音のことを「root(ルート)音」っていいます。
コード名の最初に書かれている音階名がroot音になります。これ大事。

ですから、「C」コードのroot音はC(ド)ですし、「F#」コードのroot音はF#(ファ#)です。
マイナーコードでも同じです。「Am」のroot音は「A(ラ)」です。

・・・それくらい知ってるしょ?

3和音のうちの1つは、このroot音です。
そりゃそうだ。root(根っこ)っていうくらいだからね。
とりあえずは、一番下になる音と思ってくれていいです。

このroot音の上に、あと2つ音を重ねていきます。

んで、2つ目の音は、非常に重要な役割があるです。
ここの音は、メジャーコードのときとマイナーコードの時で違うんですわ。
言い換えれば、この音が、コード全体をメジャーにするかマイナーにするかを決定する音になるんですな。まぁ、大切。

メジャーコードの時は、root音からM3rd離れた音です。
マイナーコードの時は、root音からm3rd離れた音です。

コード名「F」の時、root音はFで、メジャーコードだから、そこからM3rd離れたA(ラ)ですな。
「Dm」の時は、root音がDで、マイナーコードなのでm3rd離れたF(ファ)です。

さて、root,M3rdまたはm3rdと重ねてきました。あと1つで3和音になりますな。

最後の1つは、root音からP5th離れた音です。「5度」といわれる音ですね。
コード名が「G」だとしたら、root音はGですから、そこからP5だけ離れたD(レ)の音です。
マイナーコードも同様です。「Em」だとしたら、root音はEですから、そこからP5離れたとこにあるB(シ)の音です。

はい、これで3和音の完成でーす!わーい!

ここでお気づきでしょうか。
例えば、コード「C」は、C,E,Gの3音です。
「Cm」だと、C,D#,Gの3音です。
つまり、メジャーコードの真ん中の音を半音下げるとマイナーコードになるってわけ。その逆も言えますな。

・・・でも、知ってるよね?

さ、ここまでまとめましょうね。

・3和音のコードには「メジャー」「マイナー」の2種類がある
・メジャーコードは、root, M3, P5の3音で構成される
・マイナーコードは、root, m3, P5の3音で構成される
・3rdの音が、コード全体の響きを(マイナーかメジャーかを)決定する

はい、これだけです。

ほんで、和音には転回ってのがありましてね。
ま、root, M3, P5って書きましたけど、その順番通りじゃなくてもいいよと。
M3,P5,rootでもP5,root,M3でもコード名は変わらんです。ということです。
「ドミソ」「ミソド」「ソドミ」これ全部「Cメジャーコード」です。

はい、以上です。
ここで、マメ知識をばひとつ。

ハードロックのギターやオルガンなどでよく用いられる、いわゆる「パワーコード」と呼ばれるものがありますが、これは、rootとP5の2音なんですね。
メジャーかマイナーかを決定するM3またはm3の音を省略しているわけです。
ってことは、譜面上メジャーコードが指定されていようがマイナーコードが指定されていようが、関係なく使えるわけですよ。まぁ便利。
ただ、「パワーコード」なんていう名前で呼ばれるもんだから、そういう種類のコードだと勘違いしている人も多いんだけど、そうじゃなくて、省略しているだけだというふうに捕らえておきましょうね。
ひどい譜面、とくに初心者用の譜面なんかは「E5」(Eのパワーコードだと言いたいらしい。つまりEとBの音)とか書いてあったりするらしいので、そういうのを見つけたら遠慮なく笑ってあげましょう(笑)。こんな表記、あり得ないから。初心者にウソ教えちゃいけませんよー。

というわけで、先に進めば進むほどラクになる『斉藤式お勉強法』。
まぁ、さいとうさんったら、さすが高卒!お勉強がお嫌いな方だけあって、ラクちんに覚えられるったらないわっ!と、評判です(ほんとか)。

次回は、4和音。「C7」とか「F#maj7」とか「7がつくコード」について。
カンのいい人や経験豊富な人ならもう判ると思うんだけど、一応ね。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA