某豪腕な人からリクエストを頂きましたので、コードネームの読み方について、ちょっと理屈をこねるですよ。興味ない人は読み飛ばしてね。

それには、まず音程(音の高さどうしの距離)の呼び方を覚えましょう。
要するに、「ドとレの間の距離(インターバル)」というお話。
知ってるとコード読むのは楽勝です。弾けるかどうかは別だけど。
どっちが大事かっつーと、絶対に弾ける方が大事だけど。

さて、最初はわかりやすく、C(ド)を基準に考えましょうね。
同じ高さの場合。CとC。これはユニゾンといいますね。
全く同じ音程です。完全一度(P1st)っていいます。
ゼロじゃないんですね、これが1なんです。

では、CとC#の間の距離。
これを、m2nd(マイナーセカンド)と言います。半音1個分です。

ちなみに、mはマイナー(短)、Mはメジャー(長)、Pはパーフェクト(完全)と読みます。
augはオーギュメント(増)、dimはディミニッシュ(減)。
カッコの中には日本語表記も書いておきました。

以下、Cから見て、各音がどんくらい離れているかは、このように表します。
使う言葉が同じなのでコードネームと混同しがちですが、ここではあくまで音程の距離のお話ですので気をつけてください。

C: P1st(Unison)
C#: m2nd
D: M2nd
D#: m3rd
E: M3rd
F: P4th
F#: dim5th(-5,b5)またはaug4th(+4,#4)
G: P5th
G#: m6thまたはaug5th(+5,#5)
A: M6th
A#: m7th
B: M7th
C: P8th(Octave)

※音階名は便宜上(面倒クサイので)bではなく#のみで記載します。
だって、C#=Dbなのはわかるでしょ?

今のは基準の音がCの場合ですな。
例えばこれが、基準音=Gだとするとこうなります。

G: P1st(Unison)
G#: m2nd
A: M2nd
A#: m3rd
B: M3rd
C: P4th
C#: dim5th(-5,b5)またはaug4th(+4,#4)
D: P5th
D#: m6thまたはaug5th(+5,#5)
E: M6th
F: m7th
F#: M7th
G: P8th(Octave)

Cを基準としてみたら、m3rdの音はD#。
Gを基準としてみたら、m3rdの音はA#になるわけですよ。そーでしょ?
この「m3rd」というのは、たとえば「3cm」みたいな、距離を表すものなのれす。
長さだってさ、同じ3cmでも測り始める始点(基準音)が違ったら、終点の位置も変わるでしょ?
でも距離は「3cm」なんですよ。わかります?

例えば基準音をEとすると、そこからm3rd離れた場所にある音はGなんですね。
言い換えれば、m3rdってのは半音3個分だとも言えるんだけど。
M3rdは半音4個分ね。

もう一回、横に並べるとこうなります。
P1,m2,M2,m3,M3,P4,dim5(aug4),P5,m6(aug5),M6,m7,M7,P8

まずこれ覚えましょうね。したら後がラクだから。
あ、日本語で言うときは、最後に「度」ってつけてください。

まずはここまで。


「ブログ読んだよ。」という気持ちで下記スポンサーサイトもご覧ください♪


転職ならDODA